タイ旅行の各地域の特色

首都・バンコクについて

タイの首都であるバンコクは、日本人の中にも実際に足を運んだ経験のある方が多くいるのではないかと思います。やはり首都というだけあって、人口密度が高く、出勤の時間帯には道路は無数のバイクと車で溢れています。その光景は生きる力に溢れており、非常に逞しいという印象を受けます。観光スポットについては、プーケットと比べるとその数は明らかに多いです。特にお寺などの仏教に関連した場所は、いかにもタイらしいという印象を受けます。その他にも、ショッピングモールや、韓国からタイへと渡ってきたショー『NANTA』の公演など、沢山の見所があります。

タイのリゾート地・プーケットについて

プーケットと言えば、タイのリゾート地。ここに来たらホテル内のアクティビティーを楽しんだり、海で泳いだりして過ごす人が多いのではないでしょうか。つまりは、海で遊ぶのが好きな方や、都会の喧騒から離れてゆったりとした時間の流れの中でリラックスして過ごしたい方には最適の旅行地です。またバンコクと比較してしまうと観光スポットは非常に少ないですが、その中でも有名なのが、テーマパーク『プーケット・ファンタシー』です。ここではビュッフェ形式の食事を楽しんだり、沢山の象たちが繰り広げるショーを観ることが出来ます。

夏になったら今治に精通しているタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。