旅行というのはまずは目的と計画が

行き当たりばったりは

旅行はかなり計画性が大事であり、行き当たりばったりでも決して悪いとはいいませんが、やはりスムーズに進めるにはなんといっても、目的意識を強く持つべきです。つまりは、何をしにいくのか、ということをはっきりとさせることによって、上手く旅行ができるようになります。極めて当たり前ではありますが、実は相当に大事なことでもあります。ちなみに適当に決めて、現地で色々と考えて行動する、という旅行のやり方も決して悪いわけではないです。しかし、計画的に行動したほうがストレスがかかりませんし、何かとやりやすいのは確かです。

それでもトラブルはある

それでも何かしら、現地で問題が発生することはよくあります。つまりは、バスが来なかったり、臨時で休館していたり、或いは天候不順、ということもあります。ですから、何もかも計画を立てれば上手くいく、ということはありえないと認識はしておくべきです。そうしないと逆にどうしたらよいのか迷うときがあります。そもそも旅行は基本的に自分が楽しめれば良いです。何か問題があったとしてもそれなりに対処すればよいだけです。泊まるところくらいは確定させておくべきですが、観光先などはそこまで固執しないほうが精神的にも楽です。

春になったら潮来行きのタビマスターズを使って遊びにいこう